消費カロリー№1の運動『水泳』のダイエット効果とは?

消費カロリー№1の運動『水泳』のダイエット効果とは?

皆さんこんにちは!ダイエットアドバイザーのナツです!

今回は「水泳ダイエット」について検証していきたいと思います!

流れとしては、
水泳ダイエットの効果とは?
水泳ダイエットのコツ
ダイエットアドバイザーからのアドバイス

の順に話していきたいと思います!

有酸素運動にはウォーキングやジョキングなど様々なものがありますが、中でも水泳は特に消費カロリーが高いんです。

女性が各運動を30分間行ったとしましょう。
ウォーキングが68Kcalなのに対して水泳は、クロールが191Kcal、平泳ぎは246Kcalでありその差は歴然!

ダイエットに持ってこいの運動といえますね!



まだまだある!水泳のダイエット効果!

水泳は消費カロリーが高いだけでなく、様々なダイエット効果があるんです!

①効率よく体脂肪を燃やす

人は体温が下がると、脂肪を燃焼させることでエネルギーを発生させ、体温を上げる働きがあります。

水温によって体が冷えることでその力を発揮し、中からのアプローチで体脂肪を燃やすことが出来るというわけです!

②血流が良くなり、むくみが解消される

水の中に入ると、体に1.3トンの水圧がかかり、その水圧が体の周りを流れることになります。
すると、体の循環が良くなり老廃物が排出されるのです!

体に老廃物がたまるとセルライトやむくみの原因になります。
水に入ることでそれが解消されると同時に、体を揉みほぐすマッサージ効果も得られるのです!

③体に負担がかからない

ウォーキングやジョギングなどを続けていると、体の重さから膝や腰の負担になることが多く、その痛みから運動が長続きしないなんてこともありますよね?

しかし、水の中は浮力があるため体が軽くなり負担となることがありません。

また全身に水圧がかかり筋肉を満遍なく使うことになるので、筋肉のバランスが良くなりスタイルアップにつながります!

水泳ダイエット成功のコツ

ゆったり、長く

無理をせず疲れない程度に30分〜1時間を目安にゆったり大きなフォームで泳ぐことを心がけましょう。

週に3日以上、1ヶ月間続けると効果を感じることが出来ますよ!

入水前の準備を念入りに!

まずはストレッチをしましょう。

水泳の前に筋肉をほぐしておくことで、筋肉を温めることができ、更に脂肪燃焼効果も高まります。
怪我の防止にもなりますね!

そして必ず水分をとってから入水しましょう。
水の中にいると気付かないかもしれませんが、水泳中は大量の汗をかいているんです。

そのため脱水症状にならないよう、こまめに水分を取りましょう!

おすすめは水泳前にアミノ酸をとることです。
身体の疲れを軽減させてくれるだけでなく、美容効果も高いからです!

痩せたい部分によって泳ぎ方を変える!

クロールは上半身中心平泳ぎは下半身中心に引き締まります。

とにかく足を細くしたい人は、ビート板を使ってのバタ足がおすすめですね!

痩せ体質になりたい方は、肩甲骨をよく動かす背泳ぎがいいですよ!

迷ったら色々な泳ぎを組み合わせるといいでしょう。
全身の筋肉をバランス良く使うことも出来ますよ!

運動後の食事に気を付ける!

運動後は食べたものを吸収しやすい体になります。
そのため炭水化物は控え、野菜や良質なたんぱく質を摂るようにしましょう!

水泳をしたからといって食べ過ぎてしまっては逆効果ですからね!

ダイエットアドバイザーからのアドバイス

泳ぐことは苦手…という方は水中ウォーキングをしてみてください!

水中ウォーキングは普通のウォーキングと比べて2倍のカロリーを消費してくれるんです!
もちろん上記のダイエット効果もありますよ!

水中ウォーキングをするときは腕を大きく振り、大股で少し速く歩くことを意識しましょう。
またお腹に力を入れ背筋を伸ばし、体の軸がぶれないようにしましょう!

普段と違う筋肉へのアプローチになるため、後ろ向きに歩くことも効果的ですよ!

ダイエット効果抜群の水泳ダイエット。
お近くに施設がある方は是非お試しください!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!ダイエットアドバイザーのナツでした!
この記事が参考になったよという方は、下からシェアして頂けると嬉しいです!
次回は「夏で終わりじゃない?! 夏から秋にかけてのダイエット効果が高い理由とは?」について検証します!
関連記事は下からどうぞ!



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)