ふくらはぎを細くするための最短エクササイズ3選

ふくらはぎを細くするための最短エクササイズ3選

皆さんこんにちは。ダイエットアドバイザーのナツです!

今回は「ふくらはぎ痩せ」について検証していきたいと思います!

流れとしては、
ふくらはぎを細くするには?
ふくらはぎを細くするエクササイズ3選
ふくらはぎのむくみを解消する運動
エクササイズ後のアフターケア

の順に話していきたいと思います!

スラッとしたふくらはぎ、誰もが憧れますよね。

ふくらはぎがなかなか細くならない…
と言う悩みはダイエッターのほとんどの方が感じていると思います。

なぜなら、ふくらはぎは痩せにくく、ダイエットの成果が一番最後に現れる場所だからです。
では、ふくらはぎ痩せを少しでも早く実感したいとき、どうすればいいのでしょうか?

ふくらはぎを細くするには?

ふくらはぎは第二の心臓と言われています。
ふくらはぎの筋肉はポンプの働きをし、足から血液を送り出しているからです。

そのためふくらはぎの筋肉が衰えると、血液やリンパ液、水(老廃物)を送り出すことが出来ません。
その結果ふくらはぎに老廃物が溜まり、むくんでしまのです。

つまりふくらはぎが痩せない原因のほとんどは「ふくらはぎの筋肉の衰え」にあるんです。

もうお分かりですよね?
程よく筋肉をつけ、引き締めることがふくらはぎ痩せの近道なんです。

ということで、ふくらはぎを最短で細くするエクササイズ3選を早速紹介していきますね!

ふくらはぎを最短で細くするためのエクササイズ3選

ふくらはぎの筋肉を最も効率的に鍛えることが出来るのは、実は「つま先立ち」なんです。
ということでここから、つま先立ちエクササイズを3つ紹介します。

⑴基本のつま先立ち

つま先立ちになり、10秒キープ⇒5秒休み3回繰り返します。

正面を向いた姿勢
足のつま先をくっつけた姿勢
かかとをくっつけ、つま先を広げた姿勢calf1この3種類の姿勢を各2セット行いましょう!

⑵段差を利用したつま先立ち

適度な段差をつくり、かかとがはみ出すところに立ちます。

そのままバランスを取りながら限界までかかとを下ろし、下がったら一気につま先立ちになります。
これ以上無理というところまで、かかとをあげましょう。calf25秒キープ×10~15回が理想です。

かかとを下ろしたときにふくらはぎの筋肉が伸びるため、ストレッチ効果もあるんですよ!

⑶壁を使ったつま先立ち

壁に背中をくっつけ、空気いすのような体勢をとります。
膝は90度、背筋を伸ばし、顔は正面です。
足の裏はしっかり床に着け踏みしめます。

そのままの姿勢でかかとをあげ、つま先立ちを3秒間キープしましょう。caif33秒×10回行いましょう!

空気いすの姿勢は太ももの筋肉にもアプローチしてくれるので一石二鳥なんですよ!

からにかけて徐々にレベルアップしているので、まずはを習慣づけましょう。
これなら立っている時間はいつでも出来るのでお手軽ですよね!

ふくらはぎに程よく筋肉をつけるためのエクササイズはわかりましたか?

では次に、ふくらはぎの「むくみ」を解消するにはどうしたらよいのか説明していきます。

ふくらはぎのむくみを解消するには?

ありきたりですが、ウォーキングまたはランニングが最もおすすめです。
基礎代謝を上げる有酸素運動ですが、脚やせにも効果は抜群なんです。

そしてウォーキングとランニングを、ふくらはぎ痩せに特化した運動にするための重要なポイントがあります。

それは長い距離を、ゆっくりと走る、または歩くことです。
息が乱れず、会話が出来るくらいのペースでいいでしょう。

短い距離を速く走ると、ふくらはぎに筋肉がつき過ぎ太くなってしまう原因になります。
また、平坦な道を走ることもポイントですよ。

あとは普段自転車や車を使っていたところを歩くようにするといいですね!
毎日通っている道。歩くことで新たな発見や出会いがあるかもしれませんよ?笑

わざわざ外へ出てウォーキングやランニングはしたくない…という方は、室内用の履いているだけで美脚になるサンダルといったものもありますよ!

底が30度の傾斜になっていて、履いているだけでふくらはぎを伸ばしつつ、程良い筋肉をつけることが出来る優れものです。

時間や余裕がある人は外でみっちり、ない人は室内で少しずつ、自分の生活リズムに合ったエクササイズや有酸素運動を取り入れてみて下さいね!

ダイエットアドバイザーからのアドバイス

最後にダイエットアドバイザーとして1つ、アドバイスさせていただきます。

ふくらはぎは筋肉がつきすぎても太く見えてしまうことがあります。
それを解消するためにも、エクササイズの後や有酸素運動後は必ずマッサージをして筋肉を揉みほぐしましょう。

リンパマッサージのようにリンパを流すのとは少し異なります。
雑巾を絞るようにふくらはぎをぎゅーっとつかみ、やわらかくしましょう。

お風呂に入る前や、リンパマッサージをする前に行うといいですよ!

リンパマッサージについては「リンパマッサージの最も正しい流し方」に詳しく書いてあるので良かったらどうぞ!

ふくらはぎを細くするためには、程良いエクササイズとアフターケアが大切です。
アフターケアを怠ってしまうと、せっかくのエクササイズが筋肉太りの元…なんてこともありえます。

頑張りが逆効果なんて悲しいですよね。
マッサージまでがエクササイズですよ!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!ダイエットアドバイザーのナツでした!
この記事が参考になったよという方は、下からシェアして頂けると嬉しいです!
次回は「ぽっこり下腹の原因と解消エクササイズ」について検証します!
関連記事は下からどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)