下腹ぽっこりを解消する腹式呼吸ダイエットとは?

下腹ぽっこりを解消する腹式呼吸ダイエットとは?

皆さんこんにちは。ダイエットアドバイザーのナツです!

今回は「下腹ぽっこり解消法」について検証していきます。

流れとしては
下腹ぽっこりを解消するための簡単な方法とは?
腹式呼吸の正しい方法
腹式呼吸の効果
より効果を上げるための腹式呼吸トレーニング
の順にお話しします!

体重は落ちたのに、下腹のぽっこりだけがどうしても気になる…という方、多いですよね?

以前下腹ぽっこり解消のためにエア自転車漕ぎエクササイズを紹介しました。

しかしこのエア自転車漕ぎ、効果は抜群なのですが、時間と場所が必要かつキツい運動のため、なかなか続かないという声がありました。

そんなみなさんの声にお応えして、日常生活の中で出来る下腹ぽっこり解消方法をご紹介します。

下腹ぽっこりの原因は筋肉の衰えでしたね?
そして筋肉の中にはアウターマッスルとインナーマッスルがあるのをご存知でしたか?

腹筋などで鍛えられるのは目に見えるアウターマッスルであり、残念ながらここを鍛えても下腹ぽっこりを解消することは出来ません。

下腹ぽっこり解消のためにはインナーマッスルを鍛えることが必要なんです。

そして日常生活でインナーマッスルを鍛える方法とは呼吸法を腹式呼吸に変えることなんです!

腹式呼吸とは?

私たちは寝ているときは腹式呼吸をしていますが、起きているときは胸式呼吸をしています。

お腹をポンプのようにし、呼吸に合わせて膨らませたりへこませたりする呼吸が腹式呼吸です。

①吐く

口をとがらせて、フーッと軽く声を発しながら息を吐きます。
体の中の空気を全て出し切るように、時間をかけて吐きましょう。同時にお腹を徐々にへこませていきます

②吸う

あごを引き、鼻から吸います。
鼻の奥の方で吸い込むようなイメージでゆっくりと吸いましょう。同時に腹を徐々に膨らませていきます

ポイントは息を吐く時間が吸う時間の4倍くらいになるようにすることです。
いきなりは難しいので1.5倍から始めましょう。

最初は仰向けになり、本などをお腹の上に乗せ、お腹の動きを目で見ながら意識するといいでしょう。

マスターしたら、立っているとき、座っているとき、電車や車で移動しているとき、テレビを見ているとき、生活の中で意識的に腹式呼吸をしてみてくださいね!

腹式呼吸の効果

①お腹のインナーマッスルが鍛わる

吐くときにお腹周りの筋肉が刺激されることで鍛えられ、お腹周りの脂肪が落ちます!

②基礎代謝が上がる

吐く力が増し横隔膜が上下に動くと、酸素を多く身体に吸い込むことが出来ます。

すると新陳代謝が上がり、内臓脂肪を燃焼してくれるんです!

③冷え性の改善

横隔膜が2〜3倍に広がり、腹圧がかかることで血行が良くなり冷え性が改善されます!

さらに腸の働きが促進され、便秘解消にもなりますよ!

④リラックス効果

自律神経の働きが良くなり、ストレス解消にもつながります。

ストレスを感じるとつい食べ過ぎに走ってしまう方も、腹式呼吸をするだけでストレス太りをなくすことが出来ます。

⑤その他のメリット

ぐっすり眠れるようになります!
免疫力が上がり、病気にならない健康体になれます!
声量が大きくなり、歌が上手くなります!

ダイエットアドバイザーからのアドバイス

さらに効果を高めるために、呼吸の合間にキープの時間を作るトレーニング方法をおすすめします!

腹式呼吸のおさらいも兼ねてその方法をご紹介しますね!

①口をすぼめて、徐々にお腹をへこませながら息を吐く
②お腹をへこせたまま30秒程(限界まで)キープ。このときお尻の穴を締める。
③鼻の奥の方で、徐々にお腹を膨らませながら空気を吸い込む。
④お腹を膨らませたまま15秒程(限界まで)キープ。
⑤①〜④を繰り返す。

思っているよりきついですよ!
これは日常的に行うのでなく、トレーニングとして1日10セットでいいので取り入れてみてくださいね!

腹式呼吸と並行して下腹すっきり専用グッズを利用すると、目に見えて効果が出ますよ!

腹式呼吸にするだけで下腹ぽっこりを解消、さらには痩せ体質になれるダイエット。
いつでもどこでも出来るので続けられますね!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!ダイエットアドバイザーのナツでした!
この記事が参考になったよという方は、下からシェアして頂けると嬉しいです!
次回は「眠るだけで痩せる?!睡眠ダイエットとは?」について検証します!
関連記事は下からどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)