短期間で体重増加!!正月太りをリセットする方法とは?

短期間で体重増加!!正月太りをリセットする方法とは?

皆さんこんにちは。ダイエットアドバイザーのナツです!

今回は2015年のダイエットまとめ「正月太りをリセットする方法」について検証していきたいと思います!

今回は、
2015年にダイエッターが食べた市販食品!BEST3!!
ダイエットアドバイザーからのアドバイス
の順にお話していきたいと思います!

正月に太ってしまった…という方はいませんか?

実は食べた物は体の脂肪としてすぐに蓄積されるわけではないんです。

食事のエネルギーはまずはその場である程度消費され、余った分は肝臓に一時的にストックされます。

そのため少しくらい食べ過ぎても2日くらいを目処に調節すれば実は脂肪とはならないんです!

この期間を過ぎて余ったエネルギーが脂肪として体に溜め込まれるんてます。

つまり食べ過ぎたなあと感じたらその後の2,3日が勝負というわけですね!

しかし、もし、もしも、万が一調整が間に合わず脂肪として付いてしまっても、太ってしまった期間と同じくらいの期間をかけてダイエットすれば落とすことは可能です。

年末年始に脂肪が蓄積したなら、それと同じ数週間程度を調節期間とすればいいだけです!

このくらいの期間ならダイエットを長期間続けるのが苦手な方でも実践できますよね!

正月太りをリセットする心得

①食事は抜かず量を減らすべし

食べ過ぎたからと言って食事を抜くとかえって太りやすくなってしまいます。

食べないのでなく、普段の食事の量を減らすことを心がけましょう!

栄養バランス良く、食物繊維が豊富な食品や大豆製品を積極的に摂るようにすると尚いいですね!

②プチ断食にチャレンジすべし

余裕があれば1日だけ固形分を断つ断食を行ってもいいですよ!

その際何も食べないのではなく、酵素液を飲んだり、ヨーグルトを食べたりすることをおすすめします。

水をたっぷりこまめに飲むことも忘れないでくださいね!

③ついたお肉はつまむべし

肌凸凹するセルライトは、冷えやむくみが原因となり、脂肪細胞のまわりに老廃物や余分な水分が溜まっています。

これを小さくするためには身体についたぜい肉をつまめばいいんですよ!

ぜい肉をつまみ刺激を与えると、脂肪細胞の周囲に絡みついていた老廃物や水分がはがれリンパから排出されるので痩せることが出来るというんけですね!

ダイエットアドバイザーからのアドバイス

バランスよく食べて痩せるのがダイエットの基本です。

とは言え、食べすぎるとその分脂肪になりますから気をつけましょう!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!ダイエットアドバイザーのナツでした!
この記事が参考になったよという方は、下からシェアして頂けると嬉しいです!
次回は「あなたは痩せやすい体質なのか??チェックする方法があった!?」について検証します!
関連記事は下からどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)